賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸マンションへのお引越し、書籍の梱包や荷造り。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越の際、何かと面倒なのが、書籍の整理です。書籍はどうしても、固まると重量も増えますし、形がバラバラな事も多く、梱包に手間取る部分が目立ちます。漫画本や雑誌、テキストや専門書、それらのサイズはバラバラであり、なかなか簡単には梱包出来ない事があります。そういった書籍の荷造りに関するお悩み、色々と頭で考える事も大事ですが、実際には一つ一つ、試行錯誤しながら、進めるしかない面があります。試行錯誤しながら、賃貸物件へのお引越しを進める事は確かに面倒で大変ですが、地道に荷造りを進める事が最も確実な手法でしょう。当日直前に慌ててフルパワーで書籍の整理を行うという、一夜漬け的なやり方も、決してダメではありませんが、その方法では失敗やミスが多発するというデメリットがあり、トラブルの頻発が軽視できません。やはり引越の数週間前から、書籍については、丁寧に整理し、サイズやジャンル別に、段ボール箱に慎重に詰め込んだほうが良いでしょう。

近頃では書籍の梱包に向いた、頑丈な段ボール箱も販売されています。漫画本やコミック類の収納に向いたケースやボックス等も販売されており、引越の時期が到来する前に、そういった収納雑貨で、大事な書籍を梱包しておくのも、良いアイデアでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.