賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

子持ちで賃貸への引っ越しする際の荷造りについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、賃貸へ引っ越すと考えると荷物をまとめて新しい賃貸場所であるところで荷物を運び入れ荷解きをし必要なところにそれぞれの物を置いて新たな生活が始められるところでありますが、ここに「子供」がいるとこの荷造りにも夫婦二人の荷造りとは違ったやり方を考えなければ引っ越した後にすぐに新たな生活を始められなかったり不便な事になりますね。

子供がいると考えるのは、子供の年齢によると思いますが赤ちゃんの場合はオムツ、、おしりふき、ミルクと哺乳瓶(母乳の場合は考えなくていいですね)、着替えは最低限必要ですね。なので、大人の物とまとめて段ボールにしまってしまったり早めに荷造りを完了してガムテープで封をしてしまうと、必要だと思った時にまた出してしまったりしまった場所を忘れてまた荷造りのし直しをすることになりかねませんね。なので、子供の物はひとまとめにしたり引っ越しの日ギリギリに荷造りをすることをおススメします。そして、引っ越しの際に、子供に最低限必要なものをバックに詰めて新たに住む賃貸に着けば子供のことで困る事もないので先ほどの子供の物はギリギリに荷造りをするという事と引っ越しが完了するまでに最低限子供に必要な物はバックに入れて持って行く事に加えて子供の物を入れた段ボールはとくにわかりやすく印を付けておくなどすると引っ越しも荷造りもスムーズに進むので、子供がいる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.