賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸物件の引越し先の荷造りは部屋ごとにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に引越しが決まった際にはまずは早めに荷物の整理をしておかないといけないです。荷物の整理は持って行くものと処分するものをしっかりと分けておくことが重要です。いらないものを処分して持っていくものがごちゃごちゃになってダンボールの中になにが入ってるか解らなくならないようにしっかりと工夫して収納する部屋ごとにダンボールに詰めておくなどの工夫をしないといけないです。そしてどんな物が入ってるかなど、しっかりとダンボールの表にマジックで記名しておくことで何が入ってるかなどをしっかりと把握することができます。

そしてもっと解りやすいように、引越しの際にスムーズに荷物を運ぶことができるように、部屋ごとにナンバリングを引越し先の賃貸物件の見取り図を作って番号を決めておくこともお勧めです。番号を決めてしっかりと引越し業者の方に伝えておくことによってその番号をつけた部屋に荷物を運んでくれる形になります。その後、ダンボールから荷物を出して整理するときも、部屋ごとに分けられてるので助かります。少しの工夫で、引越しがスムーズに行なえるようになりますので、荷造りもはじめからきちんとしておくことがとても大事になっています。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.