賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

次の賃貸への引っ越しまでに期間がある時の荷造りについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

荷造りというのは計画的にやらないと生活に支障が出てしまいます。生活に必要なものを早々にダンボールに詰めてしまっては何も出来なくなります。何からしまうかの順番を考えておかなくてはいけません。次の賃貸への引っ越しまでに期間がある場合は生活に支障のないものから徐々にしまっていきましょう。まずは本などは絶好のターゲットになります。本は重たいので早々に荷造りしてしまってダンボールの山の下のほうに置いておきましょう。上から荷物を重ねても重さで破損することがないので安心です。季節じゃない服などもターゲットになります。

自分なりの引っ越しまでのワードローブを計画して、どういう服をしまってもいいか考えておきましょう。そのためには生活をシミュレーションしてみることが大切です。余裕のある人なら引っ越した後にうまく荷物を取り出せるように工夫することも考えましょう。引っ越し先でどのように家具を配置するかを決めて、その家具にしまうべきものを固めてダンボールに入れるのです。こうすると、引っ越した後にスムーズに片付けることができて効率がいいですよね。ダンボールが積み上がっていくと生活空間も徐々に圧迫されていくので、そういうことも計算に入れておかなくてはいけませんね。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.