賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸物件への引越し準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

希望通りの賃貸物件が見つかり契約が終わると、次にその賃貸物件への引越し作業が待ち構えています。引越し作業の中でもっとも大変なのが荷造りで、荷造り作業を得意にしている引越し業者のサイトなどには、テキパキと作業が進められる荷造り方法も掲載されているので参考にするとスピーディーに作業がはかどります。例えば、梱包する種類を細かく分けることもポイントの1つで、季節毎に使用する物・頻繁には使用しない物・毎日のように使用する物というようにカテゴリーを分けて梱包すると引越した先でサッと出したい物がすぐに使えます。

引越しの荷造り作業でもっとも神経を使うのが食器類の梱包で、衝撃を受けやすい食器は詰め方や梱包の仕方1つで衝撃に強く、荷造りしやすくなります。まず段ボールに衝撃吸収材として新聞紙や厚めのタオルなどを敷いておくのが良く、マグカップやグラスなどはグラつかないように口や底の広い面を下にして梱包し、繊細なワイングラスは細い足部分に柔らかい布や新聞紙などをクルクル巻き、さらに2重・3重に新聞紙でグラス全体を包みます。段ボールには隙間が出ないようにタオルや新聞紙を丸めて詰め合わせ、段ボール箱の側面と上部には食器・割れ物と記載しておくのもポイントです。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.