賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸マンションに引越しする時の荷造りの失敗談

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は賃貸マンションに現在住んでいるのですが、引越しをする時の荷造りで失敗した事があります。それは重さです。引越しをする時に大抵の人はダンボールに荷物を入れて運ぶと思いますが、このダンボールは余り大きい物を用意するとダメなのです。自分はこの事を知らずにいた為に大変な目に合いました。もちろん小さ過ぎても余り物が入らないので、余計な手間がかかりダメなのですが、大き過ぎるダンボールだと物が入り過ぎる為にとても重くなってしまうのです。そして重くなり過ぎるともちろん運ぶ事が出来ません。引越しの用意をしている時はこの事に気付かずにいたのです。

新しい賃貸マンションへの引越しの日までに有る程度荷物をまとめて、大きな家具や電化製品は引越し業者さんに任せる手はずになっていました。自分達は荷物を引越しの日までにまとめておけば後は引越しの業者さんに任せて運んでもらうだけだったのですが、自分が用意した荷物が重すぎて運べないという事になったのです。2人がかりでなら運べるのだけれど、ダンボールの底が抜けてしまうおそれがあると言う事だったのです。何も考えずに只荷物を詰めこんだのが悪かったのです。仕方なく、引越し業者さんにダンボールを用意してもらって、再度自分の荷物を詰め直す事になりました。次はこんな失敗をしない様にしたいです。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.