賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸住宅へ引越しする際の荷造りについて考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ賃貸住宅へ引越しが決まると様々な費用があり、出費がどうしてもかさみます。特に引越し業者に依頼したならば、出費はさらにかさんできます。ですので、少しでも引越し費用を節約したいと考えたら、せめて荷造りは自分で行いたいものです。荷造りまで引越し業者に任せてしまうと、別途追加料金がとられてしまいます。だから、自分で荷造りをした方が多少引越し費用を安くすることができます。

そこでこの引越しの荷造りですが、まずは荷造りに必要な道具を集める必要があります。その道具というのは、ご家庭にたいていある物で賄えます。それは、段ボール箱やガムテープ、はさみ、ペン、ビニール袋、カッター、軍手、新聞紙などはたいていのご家庭にあるものですから、揃えやすいかと思います。ただ、中には段ボール箱に関してはもしかしたらないご家庭もあるかもしれませんが、その時はお近くのスーパーやコンビニに行って、店員に話せば段ボール箱は無料でもらうことができます。

必要な道具が揃えば、いよいよ荷造り作業開始です。荷造り作業の注意点は、段ボール箱やカッターというのは素手で触っていると怪我をすることもあるので、軍手を着用して作業することが望ましいと思います。あとは、荷造り作業は引越し当日から遡ってだいたい1週間前くらいから余裕をもって行うことが良いです。焦ってやっても効率が悪いので、日にちは余裕をもって行うことが大切です。以上のように、自分で荷造りする場合には注意点を守れば自分でも荷造りはできますので、引越し費用を節約を考えている方は、ぜひとも自分で荷造りするようにしてみて欲しいです。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.