賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の引っ越し荷造り燃料は空にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の荷造りでは暖房器具などもあると思います。最近はいろいろな種類のものがあると思いますが、その中でも石油ストーブなどを使用している場合は気をつけるようにしましょう。こういうものは燃料がとても危険です。ですから引っ越し当日までには空にしておく必要があるでしょう。もちろん注意して運ぶと思いますが、それでも燃料がはいったままだと危険です。何かあってからでは困るので危険があるものはキチンと抜いておく事が大切です。また自宅に石油をいれたタンクなどを保管している場合もあると思います。冬場などはまとめて何本も置いている事もありますよね。でも引っ越し業者はそうした燃料関係は運んでくれませんので注意した方がいいと思います。

引っ越しの荷造りでは石油などの燃料関係は運んでくれませんので注意しましょう。石油ストーブなどがよくあるパターンですが、それ以外にもバイクなどを所有している人もいるのではないでしょうか。もしもバイクも運んでもらうつもりならそちらも気をつけた方がいいかもしれませんね。燃料が残っていると運んでもらえない事がありますのできちんと確認しましょう。家具などと違い何か起こった時の事も考えておく必要があるでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.