賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の荷造り奥の部屋から始める

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の引っ越しの際は荷造りなどもしないといけませんよね。引っ越し業者の人が段ボールをたくさん持ち込んでくれると思いますが、どこから手をつけていいか困ってしまう人もいるのではないでしょうか。とりあえずできるところからという事でなんとなく始めてしまう人もいるかもしれませんね。それで気がついたら廊下も玄関も段ボールで埋め尽くされているという場合もありそうです。引っ越しまでにはまだ時間もあるのにこれでは困りますよね。日常生活にも支障をきたしてしまいますので思い付きで荷造りをするのはやめましょう。もちろん最終的にはそうした状態になるかもしれませんが、それでも手順をきちんと考えれば段ボールで通路がふさがれるという事は避けられるのかもしれません。

荷造りの手順としては一番奥の部屋から始めるといいでしょう。今住んでいるところでも家の奥の方の部屋があると思いますのでそちらから荷造りを始めるようにしましょう。奥からだとたとえ段ボールでいっぱいになっても廊下や動線を妨げるような事は少ないでしょう。ちょっとした事ですが、荷造りを始める順番というのは大切です。まずは必要な分だけ段ボールを持ち込み、一番奥の部屋から荷造りを始めてみるといいでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.