賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸への引越しでは荷造りに工夫する必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸への引越しでやっかいなのが荷造りです。時間もかかりますし労力もかかりますし大変です。まずはダンボール箱の確保からはじめなくてはいけないのですが、引っ越しサービス会社の中には無料でダンボール箱を提供してくれるところもあるので、それをアテにするのもいいでしょう。ダンボール箱に詰めるときに緩衝材の必要なものといらないものがあります。必要なものはお皿や茶碗、カップなどの陶器で出来ているものたちです。割れやすいので新聞紙などでくるんでから入れるのがいいでしょう。さらにデリケートなのが鏡やコップ、花瓶などのガラス製品です。陶器以上にデリケートなので何重にもくるむことが求められるでしょう。

引っ越しの運送の途中で割れたりしてもらっては困りますので念には念を入れておきたいですね。ショックを与えないために専用のクッション材を購入するのもいいかもしれません。空気の入ったプチプチなどの緩衝材をできれば使いたいですね。あとは電化製品などもショックに弱いのでクッション材を活用していくことが有効でしょう。どうしてもクッション材がなければ服を利用しましょう。服にくるんでしまえば緩衝材となります。服も運ばなくてはならないものなので抱き合わせでも問題はないでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.