賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸に引越しをするときに

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、引越しを数えるくらいしかしたことがありません。私の友人に、引越しばっかりしている奴がいますが、そいつの話はあまり当てにならないような気がします。けれどここは敢えて、そいつの話をしたいと思います。

引越しをするときはあせってはいけない、考えて、少しでもいい物件にする、そして、それを基準にして、他をみること、そうすれば、見えなかったところが見えてくるそうです。いい物件を比較対象にするというのは少しいいかなと思いましたが、問題はあとだと思います。そして敢えて、あまりよくない物件を選んで住む、最初に聞いたときは意味がわかりませんでした。が、あまり良すぎると、それが普通になるからやめたほうがいいそうです。出来るだけいい物件を選ぶのではなく、末永く引っ越すことを考えて、一軒家を買ったときに、あの賃貸の方がよかったと思わないようにするといいらしいです。私はこれを聞いてようやく納得しました。つまりは、高く見積もればそれだけ後を引くからお勧めしないということです。べつに良いとは思いますが。荷造りに関してはある名言を残していきました。それは、「いるかもしれないはいらない」です。人はそういうところで迷いますから、それをはなっからぶっ飛ばすような台詞を吐いて満足げな顔をしていました。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.