賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の引っ越し荷造り貴重品は別にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸への引っ越す時の荷造りでは最終的にほとんどのものを段ボールに詰めると思います。ただ貴重品などは詰めない方がいいでしょう。やはり何かあった時の事を考えると心配です。どこまで段ボールに詰めてしまうかは人によって違うかもしれませんが、現物類はやめた方がいいと思います。例えば通帳や有価証券などです。またその他にも貴金属類などは高価なものなどもあります。また1つ1つが小さいので段ボールの中にいれていてなくなったりしたら大変ですよね。中にはそうしたものを捨てる方の段ボールにつめてしまってそのまま失くしてしまった人もいるようです。こういうのは後々すごく後悔するのではないでしょうか。多少荷物になってもこういうものは自分で持つようにしましょう。

引っ越しの荷造りをする際はすぐに使用するもの専用の段ボールがあってもいいかもしれませんね。おそらくこれは引っ越し当日にもギリギリまで開けているものなのではないでしょうか。こういうのを1つつくっておくと何かと便利でしょう。またこちらでは必要なくても引っ越し先ですぐに使いそうなものなどもセットしておくといいですね。荷造りの際はどうすれば自分にとって都合がいいのかなども考えならすすめていくといいと思います。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.