賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の引っ越し荷造り段ボールに内容と場所を記入する

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸に引っ越す際の荷造りではたくさんの段ボールを使用すると思います。人によってはかなりの数になる場合もあるのではないでしょうか。これだけ荷物があると思うとちょっと気分的に滅入ってしまうのかもしれませんね。ただ、荷造りはこれで終わりではありません。段ボールに詰めたからにはそれを元の場所に戻す必要がありますから、それについても考えておく必要があるでしょう。詰め終わった段ボールには必ず中に何が入っているか内容を書いておきましょう。段ボールだけだと外からみて何がはいっているかがわかりません。引っ越し先で急に必要になった時などにも困りますよね。業者が持ち込む段ボールには内容が記入できるようになっていますので必ず書いておきましょう。

引っ越しの荷造りでは段ボールをたくさんつくると思いますが、何が入っているか内容を記入するだけでなく、その段ボールをどこに運ぶべきか場所なども記入しておくといいでしょう。例えば内容が衣類と書かれていても、誰のものでどこの部屋に運ぶのかわかりませんよね。こういう時に運ぶ部屋などもキチンとわけておくととても助かります。業者の人にも言っておけばその通り部屋別に運んでくれますし、こちらも作業がしやすくなります。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.