賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の引っ越し荷造り使用頻度と重さ別

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の引っ越しの荷造りではただ物を詰めればいいという訳ではありません。いきなり引っ越しの準備と言われて、ついその辺のものから荷造りをしてしまうのかもしれませんが、それだと後で荷物を分ける時にちょっとしんどくなってしまいそうです。荷造りではなるべく日頃使っていないものから詰めていくようにしましょう。例えば自分の部屋などの場合は今使っていない衣類などですね。またその他に普段はあまり使わない思い出の品物などもそうでしょう。使用頻度が低いものから順番に段ボールにつめていくと荷物を開ける時も取り出しやすいでしょう。普段使わないものが荷物の一番上にあるとそれをよけて探さないといけないので何かと不便です。

引っ越しの際の荷造りでは重さなども考えながら詰めましょう。本などの重たいものは小さい段ボールがおススメですが、衣類などの軽いものは大きい段ボールででも大丈夫でしょう。女性の場合は衣類が多い人もいると思いますから、その辺を考えて段ボールを上手に使っていきたいですね。業者にもよりますが、引っ越し業者から渡される段ボールは大きさに限りがある場合もあります。荷物に適したものをつかっていくようにしたいですね。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.