賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ

賃貸の引っ越し荷造りはわかりやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の引っ越しの荷造りでは荷物別にただわけるだけでなく運びやすいようにしておく事も大切です。段ボールの大きさにあわせてただ物をどんどんいれていくだけだと後でしんどくなるかもしれません。荷物でも重たいものと軽いものがあると思いますので、それも考えながら荷造りしましょう。例えば重たい本などは小さめの段ボールの方が適しています。一度で荷造りを終わらせたくて、つい1つの段ボールに詰め込んでしまうかもしれませんが、それだと運ぶ時に重たすぎて運べない場合もあります。また中には段ボールの底が抜けてまた詰め直しなんてことにもなりかねません。本など重たいものを詰める時は小さめの段ボールを使用しましょう。一見すると面倒ですが、実際に運ぶ事などを考えるとこちらの方が効率的です。

荷造りでもしもタンスなどがある場合は、引き出仕事に段ボールを分けるといいかもしれませんね。荷造りではただ詰めるだけでなく、次に戻す事も考える必要があるでしょう。またあれこれ迷いながら戻すと時間もかかってしまいますので、最初から段ボールをわけておくと簡単です。しまう場所がわかっているのであれこれ考える必要もありません。荷造りでは後の事も考えて行う方がいいと思いますよ。

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸からの引っ越しであとで楽するコツ.All rights reserved.